ラパ・ヌイ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ラパ・ヌイ


ラパ・ヌイ国立公園



巨大な石像モアイであまりにも有名なイースター島は、

チリの沖約3800kmの太平洋上、タヒチから約4000kmという

まさに絶海の孤島だ。パスクア島とも呼ばれ、面積約180k・

(北海道の利尾島とほぼ同じ)の三角形の島で、3つの角の

辺りに火山がある。1722年、オランダ人によってこの島が

発見され、この日がちょうどイースター(復活祭)の日で

あったので、イースター島と呼ばれた。島の言葉では

ラパ・ヌイ(大きな島)」という、4〜5世紀にポリネシアからわたってきたと思われる

先住民が残した867体(実際は1000体以上ともいわれる)のモアイは、さまざまな謎を

秘めたまま静かに虚空を見つめている。「祖先の霊を祀る祭壇と石像」をつくるのは

ポリネシアの習慣で、タヒチなどにも見られる。部族の力の象徴でもある石像は、

この島で巨大化しかと思われる。これがモアイであり、祭壇は「アフ]と呼ばれる。

モアイづくりは10〜17世紀にかけて行われた。島の東側にあるラノ・ララク山が

制作現場で、ここで岩肌からモアイの形に掘り出され、完成時点で切り離されて

アフまで運ばれた。数kmから最大約20kmの距離を、どうやって運んだのか、

アフにはどうやって立てたのか、諸説あるが決定的な説は出ていない。何しろ、

大きなものでは高さ5〜8m、重さ40〜80tにもなるのだ。 これらの石像には

眼球があったが、現在は眼球は外されている。これは、石像自体の魔力を

恐れたとか、部族間の争いのためとかいわれているが、原因は不明である。

発掘された黒曜石、赤い安山岩でできた眼球は、イースター島博物館に

展示されている。さらに、18世紀には「フリ・モアイと呼ばれるモアイ倒しが

起こった。この原因も、部族間の争いとも、キリスト教化の一環ともいわれて

いるが。遺跡などの保護のため、島の3分の1が国立公園に指定され、島の

出入りの際には厳しい植物検疫が実施される。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved
GROUP (01) (02) (03) (04) (05) (06) (07) (08) (09) (10) (11) (12) (13) (14) (15) (16) (17) (18)