トンガリロ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < トンガリロ


トンガリロ国立公園



ニュージーランド北島の中央部には、姿の美しいナウルホエ山

(標高2291m)がそびえている。すぐ隣のトンガリロ山(1967)と

ともに、約200万年前に活動を始めた古い火山である。やや南に

位置するルアペフ山(2797m)は、これらの2つの火山より遅く

活動を始めた。 トンガリロ国立公園のこれら3つの火山は、

現在も続く大陸プレートの潜り込みによって、火山列の上に

表出して形成された火山である。ニュージーランド最古の国立公園であるトンガリロ

国立公園の成立は、先住民マオリ族の世界観と熱意によるところが大きい。

ポリネシアの住人であったマオリ族の先祖たちは、1000年以上も前に新天地を求めて

カスーに乗り、この地にやってきて定住した.以後、何世紀にもわたって、自然崇拝の

宗教観をもって暮らしてきた.17世紀になるとヨーロッパ人がやってくる。18世紀には

クック船長が訪れる。1840年、イギリスはマオリ族の首長とワイタンギ条約を締結する。

この結果、国の統帥権はイギリス国王に移譲され、ニュージーランドはイギリス

直轄植民地になった。これを機に入植者が増加し、人口の9割以上がイギリス系

ヨーロッパ人という比率にまでなった。これらの人びとにとっては、土地は人間が

利用するためにあるが、マオリ族にとっては、先祖伝来の土地は、所有するものでは

なく、精霊に満ちた神々からお借りしているものである。 トンガリロ山周辺は、 3火山の

火をかきたてたマオリ族の神官と首長たちが、何人も埋葬されている聖地なのである。

マオリ族の熱心な運動により、放牧地とされつつあったトンガリロ山一帯は、1894年に

ニュージーランド初の自然保護区として国立公園に指定された。多くの観光客を

引きつける3火山はまた、北島で最大最良のスキー場でもある。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved