モヘンジョ・ダーロ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < モヘンジョ・ダーロ


モヘンジョ・ダーロ遺跡


モヘンジョ・ダーロは、 4大文明のひとつである

インダス文明が栄えた古代の都市遺跡である。

1922年の発掘当初、モヘンジョ・ダーロは2世紀に

栄えたクシャン朝の仏教遺跡と考えられていた。

しかし、発掘品はまったく別物だった.欧米の考古学者の発掘調査や第二次世界大戦後

のパキスタン考古局などの大規棋な調査によって、この地は紀元前2300〜前1800年頃

に興亡した、高度で未知なる文明の都市跡であることが判明した。その後、モヘンジョ・

ダーロは周到な都市計画基づいてつくられたことがわかった。焼成レンガで舗装された

街路が碁盤の目のように走り、街路沿いには下水溝が設けられ、人家が整然と建ち

並んでいた,遺跡から見つかった井戸や大規模な浴場から、当時はインダス川が

近くを流れ、水の豊富な都市であったことがうかがえる.浴場は広さが12m×7mで、

南北にある8段の階段で降りることができた.浴槽の底は焼成レンガがびっしりと

敷きつめられ、水が漏れないよう天然瀝青で固めてある。この大浴場は、のちの

ヒンドゥー教にも見られるような儀式の場だったのではないかと考えられている。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved