タフテイ・バヒー

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < タフテイ・バヒー


タフテイ・バヒー仏教遺跡・サリ・パロール近隣都市遺跡


タフティ・バヒー寺院はガンダーラ平野を望む小高い丘の上にある。

建造物群は1〜7世紀にかけて建立されたもので、保存状態がよく、

当時の寺院の構造を今に伝えている。ガンダーラは州都ペシャワール

ー帯の古い地名である.古くから交通の要衝であったが、

クシャン王朝の時代に最も繁栄した。この時代、クシャン族は

仏教美術とギリシア美術を混合させた独自のガンダーラ美術を

生み出した。この地からはガンダーラが最初に生み出した石造の

仏像が発見されており、現在はペシャワール博物館に展示されている。

タフティ・バヒー寺院の近くには同時代のものであるサリ・バロール都市遺跡が

存在する。こちらは小規模ではあるが、堅固な城壁に守られた要塞都市であったと

考えられている. 5世紀のフン族侵入にも耐えたこの地も、12世紀の

イスラム侵入によって滅んだ




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved