タキシラ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < タキシラ


タキシラ


タキシラは、紀元前5〜前2世紀にかけてペルシア、

ギリシア、中央アジア、インドの影響を受けて発達した

都市である。そのため、タキシラにはさまざまな時代の

都市遺跡が混在している。遺跡は南から時代順に

3都市が並んでいる。最も古いマウリヤ朝時代のビル・マウンドは、おおよそ4つの

文化層に分かれ、都市計画の跡がなく、「混雑の丘」と呼ばれる。紀元前2世紀初めに、

バクトリア国のギリシア人が建設したシルカップは、整然とした都市計画が特徴で

ある。シルカップの後を受け、クシャン朝によって新しくつくられたのがシルスフで

ある.周囲は約5kmにもなるが、現在のところ南東の一部が発掘されているだけである。

タキシラはまた、仏教遺跡が多数存在することでも知られている,なかでも最も古く

重要なのがアショカ王が創建したダルマラージカ寺院である.チル・トペと呼ばれる

巨大なストゥーパが残っている.またジャンディアール寺院は、ギリシア神殿風の

遺遺構である。シルカップ市街跡にある紀元前1世紀の「双頭のワンのストゥーパ」の

装飾は、 インド、ペルシア、ギリシアの文化的特徴が融合しており、タキシラが

東西交流の拠点としていかに繁栄したかを物語る.4世紀末にはササン朝ペルシアの

侵入で、それらの遺跡はイスラム墓地になり、5世紀のフン族の侵略後は、

仏教寺院などが破壊されてしまい、今は基壇の一部が残るだけである。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved