ラホール

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ラホール


ラホール城・シャリマール庭園


ラホール城はパキスタン第2の都市ラホール市の

旧市街地にある.かつてのヒンドゥー教徒の地に、

ムガール帝国の第3代アクバル帝によって建築が

始められ、第6代アウランゼーブ帝までの歴代の

王によって増改築が行われた。ラホール城で最も

華やかなムガール帝国の文化を伝えているのが、17世紀の第5代シャー・

ジャハーン帝の時代の建造物である。白大理石がふん だんに使われ、色鮮やかな

タイルによるモザイクが美しい。モーティ・マスジト(真珠のモスク)はこの時代の

代表的な建築物である。シャー・ジヤハーン帝以前は、赤砂岩をレンガ状に

積みあげた建築物が一般的であった。アクバル帝時代につくられた南の城壁や

マスティ門にその様式を見ることができる。ラホール城の西に雄大な姿を映している

アーラムギーリ門は、第6代アウランゼーブ帝によって建設された。そのどっしりとした

たたずまいは、見る者を圧倒する。ラホール市の郊外にあるシャリマール庭園は、

シャー・ジャハーン帝が王族の保養地としてつくったペルシア式の庭園である。

園内には樹木や滝、池がバランスよく配され、噴水からは1日2回、一斉に水を

噴きにげる優美な庭園である。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved