リオ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < リオ


リオ・アビセオ国立公園



東には広大なアマゾンの熱帯雨林が広がり、西からは峻険なアンデスの山々を

いくつも越えなくてはアクセスできない、世界で最も人の近づきにくい自然公園の

ひとつ。アマゾン川上流のマラニョン川とワジャガ川に挟まれ、アビセオ川流域の

霧に包まれた広大な原生林は、多くの独特の動植物の生息地であるとともに、

標高2500〜4000mのアンデスの急斜面は、3800年前からの考古遺跡が分布する

地でもある。1990年に自然遺産として登録され、1992年には複合遺産となった。

アビセオ川流域の熱帯雨林は、間氷期に水没をまぬがれたために動植物が集まり、

現在でも独特の種が生息する.しっぽの黄色いケナガクモザルは、一時絶滅したと

思われていたが、この地域で発見された。ほかにも、ヤマバク、オオアルマジロ、

ジャガーなど貴重な動物が見られる。標高3500m前後の高原にはハチドリ、

コンゴウインコ、オニオオハシなど色鮮やかな鳥類が、130種が確認されている。

1960年代以来、住居跡が残るグラン・パハテン遺跡など36の追跡が調査され、

プレ・インカ期の社会を知る上での貴重な資料となっている。東には広大な

アマゾンの熱帯雨林が広がり、西からは峻険なアンデスの山々をいくつも

越えなくてはアクセスできない、世界で最も人の近づきにくい自然公園のひとつ。

アマゾン川上流のマラニョン川とワジャガ川に挟まれ、アビセオ川流域の霧に

包まれた広大な原生林は、多くの独特の動植物の生息地であるとともに、

標高2500〜4000mのアンデスの急斜面は、3800年前からの考古遺跡が

分布する地でもある。1990年に自然遺産として登録され、1992年には

複合遺産となった。アビセオ川流域の熱帯雨林は、間氷期に水没をまぬがれた

ために動植物が集まり、現在でも独特の種が生息する.しっぽの黄色い

ケナガクモザルは、一時絶滅したと思われていたが、この地域で発見された。

ほかにも、ヤマバク、オオアルマジロ、ジャガーなど貴重な動物が見られる。

標高3500m前後の高原にはハチドリ、コンゴウインコ、オニオオハシなど

色鮮やかな鳥類が、130種が確認されている.1960年代以来、住居跡が残る

グラン・パハテン遺跡など36の追跡が調査され、プレ・インカ期の社会を知る上での

貴重な資料となっている。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved