クスコ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < クスコ


クスコ市街



標高3400m近いこの高地に町が築かれたのは

11〜12世紀頃。その後、インカ帝国の首都となる。

クスコとは、ケチャ語で「ヘソ」を意味し、彼らは

世界の中心に位置すると考えていた。インカを

征服したスペインは、町を破壊し、新たに町を築いた。

現在残る町並みは16〜17世紀の殖民地時代のものだが、よく見るとその土台などには、

インカ時代のものが使われていたりする。たとえば、現在の町の中心アルマス広場は、

インカ時代のワカイパタ広場だ。これに面するルネサンス様式のカテドラル

(1654年完成)は、インカの皇帝の宮殿(キサワカンチャ)の跡に、ラ・コンパーニャ

聖堂はワイナ・カパック宮殿の跡に、サンタ・カタリナ修道院は太陽の処女の館

(アクヤクーナ)の跡に、それぞれ建てられている。広場から2ブロック南東のサント・

ドミンゴ修道院は、太陽の神殿(コリカンチャ)の礎石の上に建てられており、

今も見事な石組みを見ることができる.1950年の大地震では、修道院は大きな

被害を受けたが、礎石の石組みはびくともしなかった。もうひとつ、インカの石組みを

見られるのが、広場から南東にのびるロレト通りだ.200mほどにわたって、

カミソリの刃ー枚通さないといわれる精巧な礎石が連なっている。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved