マチュピチュ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < マチュピチュ


マチュピチュ



ピサロに率いられたスペイン軍に皇帝アタワルパを殺された

インカ帝国の残党は、クスコ北方の山奥に立てこもって

抵抗を続けた。しかレ最後の都「ビルカバンバ・ビエホ

(幻の都)]がどこにあったのかはまったく不明だった。

「幻の部]を求めて、ウルバンバ川流域を探検した

アメリカ人のハイラム・ビンガムが、標高2500m前後の山頂に大遺跡を発見したのは、

1911年のこと。マチュピチュ(先住民の言葉で「年老いた峰]の意)と呼ばれる

この遺跡が、「ビルカバンバ・ビエホ]なのか、それともアマゾン方面進出のための

基地だったのか、アクヤクーナ(太陽の処女)の仕える祭祀センターだったのか、

コカの秘密の栽培所だったのか、いまだに謎である。しかし16世紀のある時期、

この地に高度な文明を持つ人びとが住んでいたのは確かである。インカ時代の

クスコからの道が通じる正門(他に入口はない)を境に、西には市街区、東には

段々畑(墓、倉庫もある)が広がる。市街区には狭い石畳の道が通じ、16か所の

水くみ場とともにわき水を利用した水道が整備されていた。「インティワタナ」と

呼ばれる花岡岩の一枚岩は、上部に36cmの平板状の突起をもち、太陽の運行など

天体観測と関連があるのではないかといわれている。「三つ窓の神殿」

「コンドルの神殿]など、ほかにも謎の造形は多いが、いずれも建材として花崗岩の

切石が使われている。これらを700m下のウルバンバ川から、どうやって運んだか

というのも大きな謎である。遺跡の存在がクローズアップされることが多いが、

この地域の熱帯出岳林は、絶滅が心配されるメガネグマやコンドルなどが

生息し90種以上という貴重なランの生育地にもなっているため、複合遺産として

登録されている。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved