フィリピン

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < フィリピン


フィリピンのバロック様式教会


今や総人口の90%が信徒という、アジア随一のキリスト教国

であるフィリピンも、15世紀初めにはマレー半島、インドネシア

などから移住してきた人びとによって伝えられた、イスラム

教国であった。1521年、スペイン人のマゼランがセブ島に来航

したのをきっかけに、スペイン軍が次々とフィリピンの島々を

占領し、1571年にはマニラも陥落した,彼らは本国から

宣教師を送り込み、キリスト教を布教させていった.スペインの植民地支配も本格的に

進み、教会建造によってキリスト教も浸透した。その当時建てられた教会が、現在も

各地に残っており、それらは植民地時代の面影を残している。フィリピンに現存する

石造教会で最古のものは、1571年に着工し、完成までに約20年の歳月が費やされた、

マニラのサン・アグスティン教会である.1675年からの7回にわたる大地震や

第二次世界大戦にも耐え抜いた,その頑強さから「地震のバロック」と呼ばれている。

立体的に浮き上がって見える天井の絵や、窓のステンドグラスが美しく、明るい

雰囲気の教会である.曲線と華麗な装飾を施したヨーロッパのバロック様式とは

異なり、外見の華やかさはないが、重厚感のあるたたずまいをみせている.祭壇左

には、スペイン初代総督レガスピが眠る礼拝堂もある。フィリピン国内に点在する

石造教会は、聖堂であると同時に、要塞としての機能とも兼ね備えていた.マニラの

サン・アグスティン教会のほか、ルソン島パオアイのサン・アグスティン教会、

サンタ・マリアのアスンシオン教会、パナイ島ミアガオのヴィリヤヌエバ教会の4つの

教会が文化遺産として登録されている。どれも風化が進んでおり修復を待っている。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved