チェスキー

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < チェスキー


チェスキー・クルムロフ歴史地区


13世紀、チェスキー・クルムロフはヴルタヴァ川がS字に

蛇行する地に、南ボヘミアの大地主ヴィーテク家が城を

建設したのが起源で、16世紀まで手工業と商業で

繁栄した。その後、 4世紀近く停滞していたが、1989年の

自由化は新たな活気を与え、町は急速に修復された。

現在、町はチェスキー・クルムロフ城と旧市街の2つのエリアに大きく分かれている。

13世紀の創建当初はゴシック様式であったチェスキー・クルムロフ状は、その後

ルネサンス様式やバロック様式で増改築され、チェコではプラハ城につぐ大きさである。

ヴルタヴァ川を挟んで、城の対岸が旧市街。その中央のスヴォルノスティ広場の東には、

後期ゴシック様式で建てられた聖ヴィータス教会がある。内部の壁画はゴシック様式を、

祭壇は初期バロック様式を用いている。「ボヘミアのシエナ」とも呼ばれる

チェスキー・クルムロフは、画家エゴン・シーレが住み、町並みの1分を描いたゆかりの

町でもある。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved