テルチ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < テルチ


テルチ歴史地区


テルチの町は、12世紀にモラヴィア地方の干拓沼地の

中央につくられた。その後順調に発展、次第に人口を

増やしていったが、1530年の大火で、町の建物の

大きい分が焼失した。当時の市長ザッカリアスと市民は、

焼け跡を七台から直し始めた。ザッカリアスらは

マルクト広場(現ザッカリアス広場)に面した建物をルネサンス様式と初期バロック様式で

建て直すことにした。ただし、建物の正面は家主の自由にさせた。家主たちは、ほかの

者に卓!負けないようにそれぞれ工夫をこらした。ある者は櫓をつけ、またある者は

張り出し窓などをつけた。建物の色も黄色、ピンク、青、緑、白など、さまざまな色が

使われ、個性豊かな建物が建ち並んだ。それぞれの建物には番号がつけられ、家主が

変わると新しい工人が建物に施されることもあった。歴代の市長も町づくりに力をつくした。

1532年に61号館の家主となった市長ミヒャエル・ベッカーは、旧約聖書に出てくる族長の

像を正面玄関に飾った。中央広場の北西にある城は、16世紀に改築された

ルネサンス様式のイタリア風で、城内の「黄金の間」は 華やかさと威厳をもつ格天井

(木を格子状に組んだ板張りの天井)になっている。丁寧に修復されながら年を経てきた

古都テルチは、中世の町並みをそのままに残したモラヴィアを象徴する町として注目

されている。中央に位置する細長い三角形のザッカリアス広場には、バロック様式の

噴水や聖女マルガリータの彫像、聖母マリアの柱像などがある。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved