クラクフ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < クラクフ


クラクフ歴史地区


クラクフは、1386〜1572年のポーランド王団全盛期の

首都であり、オーストリアのウィーン、ボヘミア(チェコ)

のブラハなどとともに、中央ヨーロッハ文化の中心と

なっていた。1611年に首都はワルシャワに移ったが、

国王の戴冠式、葬儀などは変わらずにこの町で行われた。ポーランド最古の大学で、

地動説を唱えたコペルニクスが学んだヤギェウォ大学もこの町にある。ポーランド内では

奇跡的に第二次世界大戦などの戦禍をまぬがれた町で、中世の文化をそのまま

現代へ伝える、貴重な存在となっている。

◆中央市場広場

中央市場広場にはクラクフの旧市街の町並みが続く。広場の中央にある織物会館の

長さは100mにもおよび、14世紀には布地や衣服の交易所として栄えていた。16世紀に

ルネサンス様式の装飾などが施された。そのそばにあった旧市庁舎は、1820年に

取り壊されたが、大時計が付いた塔だけは残された。広場の東側にある1222年建造の

聖マリア(マリアツキ)教会からは、 1時間ごとに時を告げるラッパの音が鳴り響く。

◆ヴアヴェル城

ヴィスワ川の川辺にそびえる。建設当初はゴシック様式であったが、火事で

大部分を焼失し、ルネサンス様式で再建された。城内のレンガ造りの大聖堂は、

歴代王の戴冠人の場である。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved