ルアン

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ルアン


ルアン・プラバンの町


タイ族の一派であるラオ族は、14世紀初め頃までに、

メコン川流域にいくつもの首長をおく小国を形成していた。

1353年、ファグーム王はそれらを統一し、ラオス最初の

統一王家であるランサン(百万頭の象の意)王国を

建国した。ランサン王国は、現カンボジアのクメール王国からの影響を受け、仏教国として

繁栄していく。ファグーム王は、クメールの首都アンコールから、多くの僧侶や職人を

迎えた。スリランカからは大きな黄金の仏像(プラバン仏像)を請来し、その仏像の名に

ちなんで、都をルアン・プラバンと名づけた。1560年にセータティラート王が都を

ヴィエンチャンに移し、18世紀に入るとランサン国王はヴィエンチャン、ルアン・プラバン、

チャムパサックの3国に分裂してしまい、以後タイ、フランスなどの支配を受けることに

なる。第二次世界大戦後の1953年に完全独立を達成した。ルアン・プラバンで現存する

最も古い寺院は、ワット・シェントーンである.14世紀の創建で、16世紀半ばの

セータティラート王のときに改築された。1796年に建立されたワット・マイ・スワナ・プーン・

ラーム、通称ワット・マイは仏堂、礼拝堂、寺務所の3つの部分からなるラオスの

伝統的様式の寺院建築である。仏陀の生涯や教えを説いた壁画や黄金のレリーフが、

仏堂や礼拝堂の扉に残っている。現在、古都ルアン・プラバンは旧王宮や寺院のある

旧市街と、家屋の密集する新市街に分かれている。町にはラオス伝統の木造藁葺き

屋根の家屋や、フランス植民地時代のテラスのある家屋、 さらに中国やベトナムの

影響を受けた建物など、さまざまな様式の建造物が混在している。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved