モルドヴァ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < モルドヴァ


モルドヴァ地方の教会群


モルドヴァ公国のシュテファン3世(在位1457〜1504年)は、

オスマン・トルコやポーランド、ハンガリーなどの侵略を阻止し、

モルドヴァ公国の最盛期を築き上げた。バルカン半島で唯一

イスラム勢力であるオスマン・トルコからの侵攻を阻止し、

キリスト教勢力を守った。この功績が賛えられ、教皇より

「聖騎士」の称号を与えられた。自らをキリスト教世界の番人であると考えていた

シュテファン3世は、戦闘で勝利を収めるたびに、修道院などの宗教建造物を建築した。

シュテファン亡き後の公国君主たちもそれにならい、特に1527年に君主となった

ペトラ・ラレシュ公は、多くの修道院を建設した。そのため、モルドヴァ地方に数多くの

宗教建築物が残っている。この地方の修道院は、内壁も外壁もフレスコ画で、

埋め尽くされていることが特徴。聖書を題材にしたフレスコ画は、文字の読めない

人びとに、絵で聖書を理解してもらう役目も果たしていた。スチャヴァ奏「外の山奥に

点在する、スチャヴァ、ヴォロネツ、モルドヴィツァ、フモール、アルボレ、パトラウツィ、

プロボタの7修道院が、世界遺産として登録されている。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved