トレド

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < トレド


古都トレド


 トレドを見ずしてスペインを語ることなかれ。三方をタホ川

に囲まれた花白岩の台地にまるで舞台のセットのように

広がる美しい中世の町並み。美的景観を保護する政策に

よって残っているのだ。狭い石畳の路地が迷路のように

広がる。そこにはトレドが、いやスペインが歩んできた、長い歴史の足跡が刻み込まれ

ている。 ローマ帝国の支配下の都市として建設されたトレドは、6世紀には西ゴート王国

の首都として栄えた。8〜11世紀にはイスラムの勢力下に入るが、1085年、

レコンキスタ(国土回復運動)によってキリスト教徒が、イスラムの支配から奪還、今度は

カトリック・スペベインの王都となった。そして、フェリペ2世が1561年にマドリードに遷都

するまで、政治、経済、文化の中心地であり続けた。13世紀には、知的中心部市として、

ユダヤ人学者たちが活躍した歴史もある。 今、トレドを歩いてみれば、かつてトレドを

支配したそれぞれの民族・宗教の文化の跡が、町の中に見事に融和して残っていることが

わかるだろう。さまざまな建築様式の聖堂や城館、そして、美術館並みの絵画の数々、

トレドは町全休が博物館のようだ。 この美しい町を愛した画家がいた。エル・グレコで

ある。彼の才能を育み、その傑作の数々を残すトレドは「エル・グレコの町」とも

呼ばれている。

<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved