カセレス

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < カセレス


カセレス旧市街情報


カセレスの町の歴史は古い。ローマ軍が先住民を追い出して

町を開いたのが、紀元前19年のこと。8世紀初めにイスラム

教徒が侵入して、新たな城壁を築いた。300m×200mぼどの

広さの城壁内が、現在「旧市街」と呼ばれる。この狭い旧市街

の中に、カセレスが全盛を極めた15〜16世紀の建物が

立ち並んでいる。城壁の入口「星のアーチ]をくぐると、そこは

まるで時が止まったかのように、中世の世界だ。ゴシック様式の建築物の数々。当時、

新大陸との貿易を独占していたカスティーリヤ王国の繁栄ぶり、国内の交通の要所

としてのこの町の富裕ぶりが想像できよう。 ここでは町中モニュメントといえるほど

である。プラテスコ様式の祭壇衝立や聖器室扉など見ごたえあるゴシック様式の

サンタ・マリア教会や美しい中庭と華麗な調度品を備えたカルバハル家の館、旧市街

最大の要塞風の建物ゴルフィン家の館、太陽の館の異名をもつソリス家の館、

17世紀の絵画をコレクションするロス・カバージョスの館などの貴族の館が多く残る。

のんびりと中世の町並み散策を楽しみたい。

<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved