トレド

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < エル・エスコリーアル


エル・エスコリーアル


 エル・エスコリアールとは「岩屑の山」という意味である。

東西206m、南北161mという広大な敷地に72mの鐘楼が

2つ、55mの塔が4つ、窓の2600、ドアの数1200、中庭が1

6もある、とてつもない大きさの建物が計画されたため、

資材の石がさぞやゴロゴロとあるだろうということで呼ばれた愛称なのだ。正式には

サン・ロレンソ修道院という。 1557年、フランス軍に対する大勝利で初陣を飾った

フェリペ2世が、8月10日の守護聖人サン・ロレンソの御加護があったと信じ、この聖者に

捧げるために建立した。フェリペ2世は敬虔なクリスチャンで、生涯を徹底してカドリック

擁護に努めた。そのため、この修道院は、王家の離宮と歴代王の霊廟を合体したもの

としてつくられた。ミケランジェロの下でバチカンのサン・ピエトロ大聖堂の建設にも

携わった、ファン・デ・トレードが建築を担当、彼の死後はファン・デ・エレーラが引き

継ぐ。非常に簡素なその建築は、華美を嫌ったフェリペ2世の要求。同時代の

装飾過剰なプラテスコ様式に対し、この厳格で古典的な建築様式は、「エレーラ様式」

としてスペイン・ルネサンス様式の開花を促した。 内部は、外観とは逆に絢爛たる

フレスコ画が各部屋を彩る。ただフェリペ2世の寝室と書斎は質素だ。彼は、晩年の

ほとんどをここで修行僧さながらに過ごし、政務もここで執ったという。

<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved