キャンディ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < キャンディ


聖地キャンディ


スリランカの中央部にある聖地キャンディは、

「スリランカで最まとスリラン力らしい都」として、

シンハラ人の心の拠所とされている.この首古都は、

1592年にシンハラ王朝第166代ヴィマラ・ダルマ・

スーリヤ1世によって都とされた.スリランカ沿岸の

大半がポルトガルの植民地に併合された中でも独立を保ち)1815年にイギリスの

植民地となるまで、2300年以上もの繁栄が続いた、シンハラ王朝最後の首都でも

あった。キャンディのいちばんの見どころは、仏陀の糸切り歯が祀られている

ダラダ・マリガワ寺(仏歯寺).キャンディ湖北岸のほとりにたたずむこの建物は、

スリランカを代表する仏教寺院である。赤味のある黄色の壁と茶色の屋根をもつ

八角堂はシンハラ建築様式の美を今に伝えている。敬虔な仏教徒が多い

スリランカでは、仏歯は最も聖なる遺物として、王権の象徴とされてきた。

シンハラ王家に受け継がれた仏歯は遷都とともに各地を転々とし、最後にこの

仏歯寺に落ち着いた。寺院は2度建て替えられ、今日残っている建物は、

第169代ナーランドランンハ王が建立したものである。現在もスリランカの

仏教徒たちの信仰の中心であり、熱心な参拝客で絶えず賑わいを見せている。

毎年7〜8月に開催されるペラペラ祭りでの、100頭を超すゾウの行進は壮観である。

寺院北側の王宮跡は、現在は考古学博物館となっており、王妃宮殿跡は

国立博物館である。



<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved