パルミラ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < パルミラ


パルミラ遺跡


シリア砂漠の中央に位置するパルミラは、インドと

ヨーロッパを結ぶ、シルクロードの拠点として、紀元前

1世紀頃から栄えていた. 2世紀に、ナバテア国の

ペトラがローマ帝国に併合されると、隊商路が変わり、

ローマ帝国の交易路の要所として黄金期を迎えた。

10kuにもおよぶパルミラの中心は、記念門から北西に広がる部分.建築様式や

彫刻は、華麗なローマ帝国最高の技術が駆使されている.門を入ると、列柱が

連なる大きな通りの両側に、ディオクレティアヌスの碑文が刻まれた浴場、

アポロ神殿、野外劇場、元老院、取引所が並ぶ。この辺りにはアゴラ(市場)もあり、

商店が軒を連ねていたという。突き当たりには、宗教儀式が行われた葬祭殿、

ディオクレティアヌスの城塞が並ぶ。南東部には、遺跡で最も重要なベール神殿が

建つ。ベールとはバビロニア語で「主」のこと.ゼウスやジュピターと同義である。

高さ1lmの壁が東西210m、南北205mにわたって囲んでいた聖城には、列柱廊の

ある神殿がひときわ厳かに建つ。これらの建築物は、273年、ローマからの

独立というパルミラのゼノビア女王の野望とともに、ローマ軍に打ち砕かれた。

それ以降は廃墟となり、都市は消滅した。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved