アレッポ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < アレッポ


古代都市アレッポ


ダマスカスに次ぐシリアの大都市アレッポは、地中海と

ユーフラテス川の間にある。古代から中世まで、

メソポタミアとヨーロッパを結ぶ交易の中継地で

あったため、時の権力者がこぞって手に入れようとした。

その足跡が旧市街のいたる所に見受けられる。旧市街を

囲む城壁は、東西約l km、高北800m。12世紀につくられ、16世紀のマムルーク朝時代に

改修された。城壁内で目につくのは、丘の上に建つアレッポ城.天然の丘を利用し、

紀元前10世紀に築かれたネオ・ヒッタイト人の神殿であった。それが、12世紀の十字軍、

13世紀のモンゴル軍、15世紀のティムール朝の侵略を防ぐ、難攻不落の要塞として

改築され、現在の姿になったのである。交易の中継地としての足跡は、17世紀の

アル・ワジール.キャラバンサライ(隊商宿)の代表格で、黒と白の石を交互に用いて

入口を飾っている。グランド・モスクは、当初ダマスカスのウマイヤ・モスクと、同時期に

建てられたが、その後再建され、現在の建物は16世紀のマムルーク朝のもの。

ヨハネの父ザカリアの首を祀る霊廟がある。 市内最大の見どころは、延々と続く

スーク(大市場)である。香辛料、野菜、肉、貴金属、絨毯など、あらゆるものが

売られていて、熱気が渦巻いている。


<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved