ブハラ

旅行☆世界遺産への旅
旅行情報
「旅行☆世界遺産への旅」 とは

    世界遺産をテーマとした旅行サイトです。900件近くある世界遺産の中から、旅行をするのに最適な世界遺産を

    選りすぐりました。エキゾチックな文化遺産や、幻想的な自然遺産、秘められた神秘の世界など、壮大な世界遺産の

    旅を味わえます。世界旅行をするなら、絶対におさえておきたい世界遺産。旅行のヒントになるよう沢山の情報を

    掲載しました。まずは、「旅行情報☆世界遺産への旅」を閲覧していただき、、仮想旅行を楽しんでください。

HOME < ブハラ


ブハラ歴史地区


シルクロードの重要拠点として繁栄したブハラは、キャラバンが

東西を行き来していた頃の面影を残している。 8世紀、アラブ人

の侵入によってイスラム化が進み、9〜10世紀にはサマニ朝の

首都として商業、学問の中心地となった。1220年、モンゴルの

攻撃を受けて、ほとんど破壊されたが、1500年、遊牧民

ウズベク族の支配下に入ると、ブハラ・ハーンの首都として、

アジア有数の商業都市へと成長した。モンゴルの攻撃以前の建物で残っているのは、

サマニ朝のイスマイル・サマニ廟。中央アジア最古のイスラム建築で、 ドーム形の

屋根、日干しレンガの外壁には、さまざまな模様が刻まれ、光の加減によって表情を

変える。キャラバンの目印となっていたカリヤン・ミナレット(光塔)は、カリヤン

(ペルシア語で大きいの意)という名が示すように、高さ46mの中央アジア随一の

長身を誇る。15〜16世紀にはイスラム教の神学や芸術の中心になり、多数の

メドレセが建設され、今も町の随所に見られる.また、16世紀頃つくられたタキ

(丸屋根の市場)は、現在もショッピング街として営業している。




<出所元:小学館『世界遺産の旅』>




ヨーロッパ
 イタリア/バチカン/マルタ
 スペイン

 フランス
 イギリス/アイルランド
 ドイツ周辺諸国
 北欧/バルト諸国
 中欧
 東欧
 ギリシャ/トルコ/キプロス
 ロシアと周辺諸国



アフリカ
 アフィリカ北部
 アフリカ西部
 アフリカ中南部



アジア・オセアニア
 日本
 韓国/中国
 東南アジア
 南アジア
 西アジア
 オセアニア



南北アメリカ
 北アメリカ
 中央アメリカ
 南アメリカ



Copyright(C)2009 Whistle  旅行☆世界遺産への旅 All Rights Reserved